Steam上Windows機AMDシェアが25%に―2020年9月度調査 | GameBusiness.jp

Steam上Windows機AMDシェアが25%に―2020年9月度調査

なお、メインディスプレイの4K普及率は2.3%程度であるとのこと。

市場 調査
NurPhoto/NurPhoto/ゲッティイメージズ
  • NurPhoto/NurPhoto/ゲッティイメージズ
Valveの世界的ゲーム配信プラットフォーム「Steam」。同クライアント使用者に対しランダムで実施される月例ハードウェア環境調査において、Windows機におけるAMD製CPUのシェアが25%に達したことが明らかになりました。

これは、2020年9月度の調査によるもの。AMDのシェアはこの数ヶ月着実に伸びを見せており、Linux環境下でも1%以上のコンスタントな向上を見ることができます。この伸びの背景にあるものはRyzenのコストパフォーマンス等による優位性があげられるところかも知れません。今後GeForce RTX 30シリーズの高性能さを背景とした、マザーボードの交換需要も見込まれるため、更にこの伸びも加速していく可能性があります。

なお、2020年9月時点でのSteamの最大シェアは下記の通り。

OS:Windows 10 64 bit 89.08%
RAM:16GB 42.08%
CPU:Intel 3.3 Ghz to 3.69 Ghz 19.32%
ビデオカード:NVIDIA GeForce GTX 1060 10.37%
VRAM:8191MB 23.51%
メインディスプレイ解像度:1920 x 1080 65.49%
マルチモニターデスクトップ解像度:3840 x 1080 72.22%
言語:英語 41.18%
空きHDD容量:250GB ~ 499GB 24.43%
全体のHDD容量:1TB以上 51.51%
VRヘッドセット:Oculus Rift S 24.93%
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら