Apple対Epic訴訟の初審理が開催―Unreal Engine利用差し止めは認められないが、『フォートナイト』のストア復帰は強制できずとの見解 | GameBusiness.jp

Apple対Epic訴訟の初審理が開催―Unreal Engine利用差し止めは認められないが、『フォートナイト』のストア復帰は強制できずとの見解

現地時間8月24日にカリフォルニア州北部地区連邦地裁で初審理が行われました。

その他 事件
Apple対Epic訴訟の初審理が開催―Unreal Engine利用差し止めは認められないが、『フォートナイト』のストア復帰は強制できずとの見解
  • Apple対Epic訴訟の初審理が開催―Unreal Engine利用差し止めは認められないが、『フォートナイト』のストア復帰は強制できずとの見解
  • Apple対Epic訴訟の初審理が開催―Unreal Engine利用差し止めは認められないが、『フォートナイト』のストア復帰は強制できずとの見解

フォートナイト』のアプリ削除から端を発したEpic GamesとAppleの訴訟問題。現地時間8月24日に初審理が行われ、開発ツール「Unreal Engine」の利用差し止めは認められないが『フォートナイト』のストア販売復帰に関しては強制できないとの見解が発表されました。

カリフォルニア州北部地区連邦地裁のYvonne Gonzalez Rogers裁判官は、『フォートナイト』開発アカウントとUnreal Engineを所有しているEpic Internationalは法的に別の存在であると指摘。Epic Internationalは契約違反にあたる行動をしておらず、ツールの差し止めがサードパーティー開発者やユーザーに対して、甚大な損害を与える可能性があるとしています。

一方で『フォートナイト』に関しては、「Epic Direct Payment(Appleの手数料を迂回する課金システム)」を搭載したバージョンをアプリストアに戻さないことによって被る損害の、具体的な証明が行われていないとしています。また、Epic Gamesが自らの意思によりAppleとの契約を破っている点や、問題を回避できる以前のバージョンに戻せると認めている点から、アプリ復帰の強制は難しいとの見解を示しています。

Rogers裁判官は最近のパンデミック状態などで『フォートナイト』を再び遊びたいと願っているiOSユーザーの存在は理解しているが、Epic GamesがAppleとの契約を破ることを単純には正当化できないとしています。さらに、Unreal Engineなどを絡めた両社の争いが「傍観者を混乱に巻き込むべきではない」と述べています。

この件については、9月28日に仮処分の申し立てに関する審理が行われる予定です。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら