任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ | GameBusiness.jp

任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ

幻の「任天堂版PlayStation」のオークションが成立、落札価格が36万ドルとなりました。

文化 レトロゲーム
任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
  • 任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
  • 任天堂とソニー共同の試作機「任天堂版PlayStation」36万ドルで落札へ
先月、オークションに出品された事が大きな話題となっていた任天堂版PlayStation」ですが、この度取引が成立、落札価格が36万ドル、日本円でおよそ3,700万円になりました。

任天堂とソニーが、現在に連なるSCE(現SIE)の「PlayStation」発売以前に共同で開発していた同機。以前はSCEアメリカの前社長の所有物でしたが、巡り巡ってTerry Diebold氏の元へ。さらにそこから年月が経ち、2015年に息子のDan氏が再発見しRedditへ投稿、世間を賑わせていました。

Oculus創業者のパルマー・ラッキー氏も入札に参加していたという今回のオークション。KotakuによるとオークションサイトHeritage Auctionsの広報担当は現時点で落札者が特定されることは望んでいないとのことです。ソニーのゲームハード制作の歴史の1ページ目とも言えるハードは、次はどのような形で陽の目を見るのでしょうか。
《KADEN@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら