PC版『ロケットリーグ』2020年3月よりMac/Linuxのサポート打ち切り―オフラインプレイは引き続き可能 | GameBusiness.jp

PC版『ロケットリーグ』2020年3月よりMac/Linuxのサポート打ち切り―オフラインプレイは引き続き可能

PC版『ロケットリーグ』におけるMacおよびLinuxのサポートが、2020年3月で終了に。ただしオフラインプレイは引き続き可能です。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング
PC版『ロケットリーグ』2020年3月よりMac/Linuxのサポート打ち切り―オフラインプレイは引き続き可能
  • PC版『ロケットリーグ』2020年3月よりMac/Linuxのサポート打ち切り―オフラインプレイは引き続き可能
  • PC版『ロケットリーグ』2020年3月よりMac/Linuxのサポート打ち切り―オフラインプレイは引き続き可能

Psyonixは、PC版『ロケットリーグ』において、MacおよびLinuxのオンラインサポートを2020年3月のパッチリリースをもって終了すると発表しました。

発表によると、今後新技術へのアップグレードを重ねるにつれて、Mac/Linuxのサポート維持が難しくなるため終了に至ったとのこと。3月の最終パッチによる更新プログラムがインストールされると、以降のPC版でのオンラインプレイはWindows(7以上)のみとなり、それ以外のOSでは不可能となります。ただしオフラインでのローカルマッチや分割画面プレイは引き続き遊ぶことができます。

サポートページによると、例えばMacユーザーはAppleのBoot Campツールを利用してWindows版をプレイすることもできますが、Psyonixの公式サポートは受けられないとのことでした。またSteamで当該OS版のゲームを購入していた場合では、Windows OSのPCに本作をインストールすれば、オンラインなど全機能が使用できます。


以下に当該OS版へ最終パッチがあてられた後の、オフライン/オンライン機能について抜粋します。

引き続きプレイ可能なオフラインモード


・ローカルマッチ
・分割画面プレイ
・ガレージ/インベントリ(既存のアイテムはインベントリから削除されません)
・キャリア統計
・リプレイ
・Steamワークショップマップ(最終パッチの前にダウンロードが必要)
・カスタムトレーニングパック(最終パッチの前にダウンロードが必要)

プレイ不可になるオンラインモード


・オンラインマッチメイキング
・プライベートマッチ
・トーナメント
・ロケットパス
・アイテムショップ/ e-Sportsショップ
・ゲーム内イベント
・フレンドリスト
・クラブ
・ニュースパネル
・新しいカスタムトレーニングパック
・新しいSteamワークショップマップ
・リーダーボード
・リーグランキング

その他詳細なサポートについてはこちらのページ(リンク先英語)をご確認ください。
《麦秋@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら