Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して | GameBusiness.jp

Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は今年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

市場 デジタル流通
Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は2019年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社(バンダイナムコエンターテインメントカプコンFocus Home InteractiveKoch MediaZeniMax Media)に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

この問題は各社が地域制限のかかったアクティベーションキーの使用に同意し、EU加盟国の消費者が他のEU加盟国からより安くゲームを購入することを妨げたというもの。パブリッシャー5社は以前に「適切に対処していく」(下記リンク参照)と述べたように和解を計画しているとのこと。欧州の独占禁止法に基づき、不法行為を認めることで罰金が10%減額されるそうです。


その一方で争う姿勢を見せたValveは、同社の意見を主張する非公開の聴聞会を求める可能性が高いと関係者は語っています。当事者が対抗措置をとった後に違反行為の十分な証拠があると欧州委員会が判断した場合、年間売上高の最大10%の罰金を科せられるとのことで今後の展開に注目が集まります。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら