『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン | GameBusiness.jp

『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」を公開しました。

市場 市場動向
『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン
  • 『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10(1995年1月~現在・全プラットフォーム)」を公開しました。

公開されたランキングでは、10タイトル中7タイトルを『バイオハザード』シリーズが占めていることを確認可能です。

他には、Techlandのゾンビパルクールオープンワールド『Dying Light』や、エレクトロニック・アーツのSFアクションホラー『Dead Space 2』、Tango Gameworks手掛けるサバイバルホラー『サイコブレイク(The Evil Within)』(デジタル版含まず)など、有名タイトルがランクインしています。


Piscatella氏はまた、「『バイオハザード2』(4位)と『バイオハザード RE:2』(7位)を合算したら、ランキング1位になっていただろう」「『バイオハザード RE:2』の売上額がこんなにも早く、シリーズ過去作の通算売上額に並んだのは驚きだ」とも投稿しています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら