「Epic Games Launcher」Steamユーザー情報収集問題についてValveが調査を開始 | GameBusiness.jp

「Epic Games Launcher」Steamユーザー情報収集問題についてValveが調査を開始

ValveはEpic Games Launcherが収集するSteamのユーザー情報について調査を開始したことを、海外メディアを通じて明らかにしました。

市場 デジタル流通
ValveはEpic Games Launcherが収集するSteamのユーザー情報について調査を開始したことを、海外メディアを通じて明らかにしました。

これは先日から噂として注目されていた「Epic Games LauncherがSteamの(利用許諾を明示していない)ユーザー情報を収集・送信している」という問題を受けたもので、Epic Gamesのエンジニアリング部門VP・Daniel Vogel氏は、Steamからのフレンドをインポートする場合に当該の目的でのみユーザー情報が送信され、フレンドリスト以外の情報は送信されていないと説明していました。

また、Epic Games CEO・Tim Sweeney氏もこの問題に対し、『フォートナイト』のリリース初期にソーシャル機能を急いで実装したためのミスである旨を述べ、今後は許可なしでSteamのユーザー情報を収集しないように修正することを約束しています。

海外メディアBleeping Computerで公開されたコメントによれば、Valveは「Epic Games LauncherのSteam情報収集範囲の調査を開始した」とのこと。また、Steamクライアントにローカル保存されているデータはそのPC上で利用されることのみを目的としており、他のプログラムで使用されたり、サードパーティのサービスにアップロードされることを意図したものではない、とも説明しています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら