物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置 | GameBusiness.jp

物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置

その他 事件


先日、慈善団体などがValveへ削除申請を行っていた学校銃乱射事件テーマのFPS作品『Active Shooter』。同作が正式にSteamから登録を削除されたことが海外メディアより報じられています。

PC Gamerによると、Valveは『Active Shooter』を削除した原因として、同作のデベロッパーである「Revived Games」とパブリッシャーである「Acid」が、過去にSteamから追放措置を受けた「[bc]Interactive」と「Elusive Team」に携わっていたAta Berdiyevという1人の人物であったことを説明。

同氏は過去にもいわゆる釣り行為や著作権違反、レビュー操作などの迷惑行為を行っていたとのこと。そして今回、同氏が新しい名義を利用して活動を再開していたことが発覚したことから、『Active Shooter』と「Revived Games」および「Acid」をSteamから削除することを決定したことが明かされています。

なお、筆者が確認したところ、同作のストアページならびに「Revived Games」と「Acid」のゲームリストは既に削除されていました。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら