有名ストリーマーがライブ配信中に拳銃を発砲―Twitchチャンネルが削除され所属組織からも除名 | GameBusiness.jp

有名ストリーマーがライブ配信中に拳銃を発砲―Twitchチャンネルが削除され所属組織からも除名

『Call of Duty』などの人気ライブ配信者であるCarl Riemer氏が、ライブ中に拳銃を発砲する事件が発生。

文化 その他

2020年3月4日、Twitchにて『Call of Duty』などのライブ配信を行っていたストリーマーCarl Riemer氏が、とあるライブ配信中に本物の拳銃を発砲する事件が発生しました。

配信の中で同氏は銃を手に取り、誰かに対し「say I ain't got money(お金は持ってない)」と挑戦的に発言。銃のスライドを2回目に引いた際に発砲されました。


ライブが行われていた彼のTwitchチャンネルは削除され、所属するゲーム/マルチメディアブランドであるSoaR Gamingは彼を名簿から除名したことをTwitterにて発表しました。


同氏はYoutubeに投稿した謝罪動画にて「明らかに酔っていた」と発言しましたが、心理状態に関係なく銃を誤った方法で使ってしまったと認めています。また、SoaR Gamingがすぐに自分を除名したことを適切に行動したと評価し、おかげで被害が及ばなかったのは本当に幸運だったと語りました。
《Fryingpolyp@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら