米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却 | GameBusiness.jp

米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却

その他 事件

2014年から『Grand Theft Auto V』に対して「肖像の無断利用」を主張していた米国の女優リンジー・ローハンですが、この問題を再び訴える彼女の要求が、アルバニー高等裁判所より棄却されました。

これは2014年7月に起きた訴訟の復活を求めるものと見られており、当時リンジー・ローハンは『GTA V』のキャラクターである「レイシー・ジョナス」が自身をベースにして無断で制作されたものと主張していました。2016年9月には彼女の訴えが棄却され、「このゲームのユニークなストーリー、キャラクター、セリフ及び環境とプレイヤーがゲーム進行を自由に操作できる事を合わせて、フィクションの風刺として描写されている」という判決のもと、Take-Two Interactiveが勝訴していたことが明らかになっています。

裁判所はゲーム内で使われたイメージを、「20代の女性」を描く「一般的な芸術的描写」に過ぎない、と判断。浜辺に立つ現代的な女性のスタイルやルックス、人物性の風刺的表現であり、リンジー・ローハンを参照していないと見られたそうです。

数年前から『GTA V』界隈で話題になっているリンジー・ローハンですが、今後の動向は不明です。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら