サイバーエージェント2017年9月通期決算…ゲーム事業は過去最高の売上記録も広告費増加で利益減 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント2017年9月通期決算…ゲーム事業は過去最高の売上記録も広告費増加で利益減

企業動向 業績

サイバーエージェントは10月26日、2017年9月通期決算を発表しました。

発表によると、当連結会計年度における売上高は3,713億6,200万円(前年同期比19.5%増)、営業利益は307億円(前年同期比16.6%減)、経常利益は287億4,100万円(前年同期比18.7%減)、純利益は40億2,400万円(前年同期比70.4%減)となっており、売上高は増加していますが、営業、経常、純利益は前年比でマイナスとなりました。

セグメント別に見ると、メディア事業は「AbemaTV」等の動画事業への先行投資により、売上高は256億5300万円(前年同期比17.0%増)と増加しているものの、営業損益は185億8500万円の損失計上(前年同期間83億0100万円の損失計上)となっています。

Cygames、サムザップ、CraftEgg等が属するゲーム事業においては、『グランブルーファンタジー』などの既存タイトルが堅調な中、新たなヒットを創出し、売上高は1,403億100万円(前年同期比14.4%増)となり、過去最高の売上高を更新しています。営業損益は広告宣伝費の増加により、265億300万円の利益計上(前年同期比13.0%減)とのことで前年比ではマイナスとなっています。2018年度には既存タイトルの運用強化とともに、継続的な新規タイトルのヒットを目指していく方針で、FY2018には新たに10タイトルを提供予定とのことです。オリジナルIPに続き、他社IPの展開にも注力していきたいとしています。

その他のセグメントに関しては売上高、営業損益ともに前年比でプラスと好調な結果となっています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら