渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか | GameBusiness.jp

渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか

ゲーム開発 その他

渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか
  • 渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか

すったもんだの騒動で公開停止になっていたRockstarタイトル向け有志Modツール「Open IV」ですが、先週末より再び公式サイトからのダウンロードが可能となったようです。

今回の騒動はRockstar Gamesの親会社であるTake-Two Interactiveからの法的要請により、「Open IV」の公開および開発が停止されたことから始まります。本ツールはModを楽しむ上で多くのゲーマーに利用されていたため、コミュニティから多くの反発が起こり、Steamレビューの評価が“不評”となったり、オンライン署名活動が行われました。

後にRockstar Gamesは「Open IV」が『GTAオンライン』で悪用される可能性を公開停止の理由として挙げるとともに(※)、シングルプレイヤーModに関しては条件付きで黙認する姿勢を表明。また、「Open IV」の開発チームと協議を進めることを伝えていました

(※)「Open IV」が『GTAオンライン』で悪用された可能性については開発メンバーのKrivoruchko氏も認めており、海外メディアMotherboardにその方法を伝えた(内容は非公開)。

Take-Two Interactive/Rockstar Gamesと「Open IV」開発チームとの間でどのような協議が行われたのかは不明ですが、公開再開により今回の騒動はこれにて幕引きとなるのではないでしょうか。「雨降って地固まる」と言うように、今まで以上に平和的な共存関係が続いてほしいですね。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら