欧州委員会が独禁法違反の疑いでValveを調査―Steamの地域制限による競争阻害を指摘 | GameBusiness.jp

欧州委員会が独禁法違反の疑いでValveを調査―Steamの地域制限による競争阻害を指摘

その他 事件

欧州委員会が独禁法違反の疑いでValveを調査―Steamの地域制限による競争阻害を指摘
  • 欧州委員会が独禁法違反の疑いでValveを調査―Steamの地域制限による競争阻害を指摘
欧州委員会は、Valveとパブリッシャー5社(バンダイナムコエンターテインメント、カプコン、Focus Home Interactive、Koch Media、ZeniMax Media)の間で締結された双務協定が、EUの独占禁止法に違反している可能性があるとして調査を開始しました。

同委員会はValveのゲーム配信プラットフォーム“Steam”のアクティベーションキーにおける地域制限(購入地域でのみ有効化可能)が、単一市場での並行貿易を制限するとともに消費者が他の加盟国からより安くゲームを購入するのを妨げ、国境を越えた競争を阻害していると指摘。前述の協定が地域制限を目的としたアクティベーションキーの使用を要求したかどうかに焦点を当てています。

調査は正式に手続きが始まったばかりで、問題の複雑さと関係企業の協力によってはかなり時間がかかる可能性があるとのこと(調査の法的な終了期限はなし)。もしこれが違反となり是正された場合、ゲーマーは別のEU加盟国からより安い価格でゲーム購入できるようになるだろうと見られています。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら