ゲーム声優の組合がストライキ突入―Activision、EA、Take-Twoなど対象 | GameBusiness.jp

ゲーム声優の組合がストライキ突入―Activision、EA、Take-Twoなど対象

その他 事件

ゲーム声優の組合がストライキ突入―Activision、EA、Take-Twoなど対象
  • ゲーム声優の組合がストライキ突入―Activision、EA、Take-Twoなど対象
  • ゲーム声優の組合がストライキ突入―Activision、EA、Take-Twoなど対象

ゲームに携わる声優の待遇改善を求め、複数のメーカーとの交渉を行っていた米俳優組合SAG-AFTRAは、最後の交渉の決裂を伝えるとともに、太平洋時間10月21日午前0時1分よりストライキに突入したことを発表しました。ストライキの対象は以下のメーカーで、2015年2月17日以降に製作を開始した全てのゲームが影響を受けるとのこと。

・Activision
・Blindlight
・Corps of Discovery Films
・Disney Character Voices
・Electronic Arts
・Formosa Interactive
・Insomniac Games
・Interactive Associates
・Take-Two
・VoiceWorks Production
・WB Games

最も大きな争点は「透明性」と「二次的な補償」の2点で、俳優がどのゲームに取り組んでいるかを伝えること、ゲームの発売後に成功に応じてボーナスを支払うことを求めていましたが、約2年間の交渉で解決することはありませんでした。

SAG-AFTRAはこのストライキの決行は組合にとって好ましいものではないとしつつも、メンバーの信条は揺るがず、メーカーに搾取されない意思を知らせるために必要であると語っています。なお、同組合は10月24日にElectronic Artsのカリフォルニアオフィスにてピケッティングを行うそうです。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら