SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得 | GameBusiness.jp

SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得

市場 マーケティング

SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得
  • SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得
  • SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得
  • SCEJA、『コールオブ デューティ ブラックオプスIII』の国内パブリッシング権を獲得
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアはアクティビジョンとパートナーシップを組み、国内で『Call of Duty: Black Ops 3(コールオブ デューティ ブラックオプスIII)』をリリースすると発表しました。

同シリーズは前作まではスクウェア・エニックスがアクティビジョンからライセンスを受け、日本国内で展開してきました。

PS4版が11月6日に発売され、PS3版の発売日も追って明らかにするとのこと。価格はパッケージ版/ダウンロード通常版共に7,900円(税抜)、シーズンパス同梱のダウンロード特別版は11,000円(税抜)です。字幕/日本語吹き替えを同時収録し、CEROレーティングはZを予定。本作発売後にはマルチプレイヤーマップDLCがPSプラットフォーム先行配信(全世界)となります。

さらに、8月19日から8月23日までの期間限定で、本作のマルチプレイベータが国内で実施されます。

※Xboxバージョンは日本マイクロソフトからリリースすると発表がありました。お詫びして訂正いたします。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら