Valve、HTCと共同開発したVRヘッドセット「Vive」を発表 | GameBusiness.jp

Valve、HTCと共同開発したVRヘッドセット「Vive」を発表

台湾を拠点とするスマートフォン・携帯情報端末メーカーのHTCは、バルセロナにて開催されたMobile World Congress 2015にて、Valveとの共同開発による新たなVRヘッドセット「Vive」を発表しました。公式サイトでは幾つかのディテールが明らかにされています。

その他 その他
台湾を拠点とするスマートフォン・携帯情報端末メーカーのHTCは、バルセロナにて開催されたMobile World Congress 2015にて、Valveとの共同開発による新たなVRヘッドセット「Vive」を発表しました。公式サイトでは幾つかのディテールが明らかにされています。

■ディテール
・Steam VRプラットフォーム上で構築
・90Hzディスプレイ
・片目あたりの解像度は1200x1080
・360°トラッキング
・1/10°の精度の回転トラッキング
・ベースステーションによって、4.5m四方の部屋で正確な位置トラッキングが可能
・左右の手でそれぞれ持つカスタムコントローラーはHTCがVR向けに開発。人間工学に基づいており位置トラッキングを搭載

なお、HBO、Lionsgate、Googleとのパートナーシップにより、ゲーム以外のVR体験にも対応するとの事です。

「Vive」はまず開発者向けバージョンが4月にリリース予定。コンシューマーバージョンはホリデーシーズンにリリース予定となっています。遂にベールを脱いだValveのVRハードウェア。今週開催のGDC 2015では更なる発表に期待です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら