ゲーム実況動画も気軽に共有 マイクロソフト、Xbox One向け「Vine」をリリース | GameBusiness.jp

ゲーム実況動画も気軽に共有 マイクロソフト、Xbox One向け「Vine」をリリース

その他 その他

米  マイクロソフト  が、Xbox Storeにて動画共有サービス「  Vine  」のXbox Oneバージョンを34ヵ国・地域にてリリースした。利用にはXbox Liveのアカウントが必要。
  • 米  マイクロソフト  が、Xbox Storeにて動画共有サービス「  Vine  」のXbox Oneバージョンを34ヵ国・地域にてリリースした。利用にはXbox Liveのアカウントが必要。
  • 米  マイクロソフト  が、Xbox Storeにて動画共有サービス「  Vine  」のXbox Oneバージョンを34ヵ国・地域にてリリースした。利用にはXbox Liveのアカウントが必要。
マイクロソフトが、Xbox Storeにて動画共有サービス「Vine」のXbox Oneバージョンを34ヵ国・地域にてリリースした。利用にはXbox Liveのアカウントが必要。

「Vine」はTwitter傘下のスマートフォン向け動画投稿・共有アプリで、最長6秒という非常に短い動画を撮影してTwitterのタイムライン上で共有できる。今回リリースされたXbox One向けVineは初めてテレビ画面に最適化されたバージョンとなり、ユーザーは大画面でVineの6秒ループ動画を視聴したり自分のゲームプレイ動画を撮影してVineに投稿することができる。Micマイクロソフトosoftは今年6月にVineやTwitterなど46種類のアプリがXbox Oneで利用できるようになると発表していた。

提供国・地域は以下のとおり。

アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、デンマーク、フィンランド、フランス、香港、ハンガリー、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコ、イギリス、アメリカ
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら