【E3 2013】『EVE ONLINE』のパブリッシャーが早くもOculus Rift向けのデモを展示。その脅威のゲーム体験とは? | GameBusiness.jp

【E3 2013】『EVE ONLINE』のパブリッシャーが早くもOculus Rift向けのデモを展示。その脅威のゲーム体験とは?

その他 その他

今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
  • 今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。
今年のGDCで一躍注目を集めたゲーム専用ヘッドマウントディスプレイ、Oculus Rift。開発者キットの出荷も順調で、国内でも対応ゲームの開発実験に着手している企業や研究室も少なくありません。

しかし現行のOculus Riftはあくまで開発バージョンとあって、対応ソフトの販売はまだまだ先の話。とりあえず今年は情報なしと思っていたら、いくつかの企業で内々にデモをしているという噂が飛び込んできました。

SF-MMORPG『EVE ONLINE』を擁するアイスランドの企業、CCP Gamesもその一つ。同社は『EVE ONLINE』の世界観で遊べるFPS『DUST 514』をリリースしていますが、このたび実験作として『EVR』を開発し、ミーティングエリア内の自社ブースでクロースドなデモを行っていました。ブースには噂を聞きつけたメディアや業界人がひっきりなしに訪れ、高い注目を集めていました。

『EVR』は宇宙戦闘機を操って戦うオンラインスペースシューティングです。操作はシンプルで、アナログスティックで上下左右に移動、右トリガーでレーザー、左トリガーでミサイルのロックオンと発射です。左トリガーを引きっぱなしにすると、目の前の目標物に対してロックオンを開始し、終了したところでトリガーを離すと6発のミサイルが発射されます(相手の回避行動で外れることもあります)。

このほかAボタンを押すとアフターバーナーが5秒間噴射され、ミサイルからの回避などに有効です。不幸にして撃墜されたら再び基地から再出撃。デモは3分間行われ、一度に6人が2チームに分かれて3VS3の戦闘を体験。より多く撃墜したチームが勝利するという内容でした。

ひととおりガイダンスが終わったらさっそくプレー開始。Oculus Rift(眼鏡をかけたままでも大丈夫でした)とサラウンドヘッドフォンを装着し、コントローラを持って開始を待ちます(Oculus Riftを装着すると外界の視界が完全に遮られるため、コントローラをうっかり落としてしまい、大変でしたが)。デモが始まるとそこは文字通り宇宙船のコクピット。目の前には宇宙戦闘機のコクピットが浮かび、下を見ると左右に計器類が浮かんで見えます。ぐるっと周囲を見わたすと、外は満天の星空。ただただ感激です。

そうこうするうちに敵機が近づいてきたので、慎重にロックオンをしてミサイルを発射。すると自分の周囲からミサイルがダダダッと音を立て、閃光をなびかせながら敵機に向かって飛び去っていきました。機体を左右に旋回して敵のミサイルをかわしながら、ひょいと左右を見わたすと、ミサイルの軌跡が実際に見えたことにも感激です。まさに板野サーカスの中でシューティングゲームを楽しんでいるかのようでした。今までとは次元の違う
ゲーム体験に没頭。3分間があっという間にすぎさってしまいました。

Oculus Riftは1280×720pの液晶ディスプレイを左右に分割して、右目と左目の映像をレンダリングしているため、映像から普通にドットを視認できます。また、いざゲームが始まると、計器パネルをいちいち見ている暇がなかったのも事実(とはいえ、内容はダミーっぽいものでしたが)。しかし、そうした些細な点を帳消しにして余りあるくらい、このゲーム体験は強烈なものでした。すでに多く語られていますが、今までのテレビで遊ぶゲームとは異質すぎる体験に脱帽です。

実は筆者は以前、インディゲームデベロッパーが制作したOculus Rift向けの巣ニーキングアクションゲームを体験したことがありますが、その時は3D酔いがひどく、1分遊んだら我慢できないほどでした。しかし本作では3D酔いをほとんど感じなかったことも特筆しておきます。終了後にスタッフと軽く雑談したところ「コクピットタイプのゲームだと酔いにくいんだ。逆にFPSなどでは酔う可能性が高いね」と言っていましたが、何か秘密があるのかもしれません。

また「Oculus Rift向けのゲームはUIなどを専用で考える必要があり、これはこれで、けっこう大変なんだ」と語っていました。しかし、研究開発をする価値は大いにあると改めて感じ入りました。Oculus Riftも製品版ではフルHD解像度に対応する見込みとも言われていますので、より没入感が増しそうです。

ちなみにCCP Gamesとは全く関係ありませんが、E3会場でゲーム周辺器機などを販売するHYPERKIN社が、早くもOculus Rift対応のヘルメット『COMRAD』を展示していました。マイク付きワイヤレスヘッドフォンを内蔵しており、これを装着して対応ゲームをプレーすると、さらに没入感間違いなしという代物です。

実際、Oculus Riftは3D立体視に対応しているため、3Dサラウンドヘッドフォンとの相性は完璧でしょう。近い将来、PS4やXbox Oneにテレビではなく、Oculus Riftを接続してプレーする時代が来るかもしれない(Xbox Oneではキネクトとの関係が問題になりますが)、そんな予感を感じさせるのに十分なデモでした。
《小野憲史》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら