【E3 2013】陸・空・海、そして日本やコンソールにも領土を拡大する『World of Tanks』開発元Wargaming.net | GameBusiness.jp

【E3 2013】陸・空・海、そして日本やコンソールにも領土を拡大する『World of Tanks』開発元Wargaming.net

その他 その他

海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
  • 海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。
海外では『League of Legends』などと並んで高い人気を誇る、PCのFree-to-Playオンラインマルチプレイヤータイトル『World of Tanks』。

その運営と開発を担当するベルラーシのデベロッパーWargaming.netは、先月電撃的に日本支社を設立、先のE3では初のコンソール進出作である『World of Tanks: Xbox 360 Edition』を発表するなど急速に領土を拡大しつつあります。昨年に続き、E3のフロアで巨大なブースを構える同社を取材してきました。

『World of Tanks』は、カスタマイズした戦車でプレイヤー同士が対戦するというオンラインマルチプレイヤーアクションゲーム。戦車を扱ったゲームは一見すると敷居が高そうですが、ユーザーフレンドリーなFree-to-Playのビジネスモデルとアクション性の高いゲームプレイを備え、現段階でのPC版の登録ユーザー数はワールドワイドで6,000万人超。

Microsoftと独占的なパートナーシップを結び、E3メディアブリーフィングで発表された『World of Tanks: Xbox 360 Edition』は、史上初となるトリプルAクオリティーのFree-to-Playオンラインゲームだといい、開発を指揮するMike Mcdonald氏とアジア地域のマネージングディレクターを担当するTaewon Yun氏が、実際にデモをプレイしながらその特徴を解説。

まず、もっとも注目されるPC版との差異については、15対15のマルチプレイ、戦車のカスタマイズ要素まで、PCバージョンの内容を土台にしつつ、Xbox LIVE実績システムの導入、テレビモニター向けにインターフェースを調整した他、アナログコントローラー向けに操作性を一新。例えば『Halo』シリーズのワートホグのような、家庭用ゲームのプレイヤーが慣れしたんだ車両の操作方法を参考に、一方で戦車が軽快なバギーのような動きをしないように配慮しつつ、設計しているとのこと。

操作性が異なることやプレイヤースキルを配慮して、Xbox 360版はPC版とは別のアカウントで管理。プレイにはXbox LIVE ゴールド メンバーシップが必要になるものの、シルバー メンバー向けにも、一週間だけプレイを開放するなどのトライアル期間を検討しているそうです。

PC版『World of Tanks』のことを知らない新規のコンソールユーザー向けに、改めて本作の魅力を聞いたところ、「大規模なマルチプレイバトル」、「チームの連携や戦況の把握が求められる戦略要素」、「様々なタイプ・クラスの存在する戦車のバリエーション」、「経験値をためて、モデルや乗組員をアップグレードできるRPG要素」、そして何より「ハイクオリティーのタイトルを無料でダウンロードして遊べる」という点が挙げられました。

『World of Tanks: Xbox 360 Edition』は、E3の数週間後にオープンベータテストを実施予定とのことで、公式サイト上で早くも登録受付が行われています。

次にプレゼンが行われた『World of Warplanes』は、その名の通り戦闘機による空での戦いを扱った新作タイトル。『World of Tanks』と同じく15対15の戦略的なオンラインマルチプレイ対戦が楽しめ、歴史的な背景から大部分のヨーロッパの戦いだった『WoT』と異なり、『World of Warplanes』では米国、ソ連、ドイツ、日本、4つの国が参戦し、いっそう興味深い戦いが味わえるのだとか。

ゲームプレイ面は、戦闘機同士の空中戦にとどまらず、地上にある施設の破壊、対空兵器との戦いも用意。コアゲーマーと新規プレイヤー両方が楽しめるよな操作性を開発したそうです。戦闘機には機体ダメージの要素があり、Free-to-Playタイトルとは思えない高いレベルのグラフィックス表現で機体の状態を確認。もちろん、機体のアップグレード・カスタマイズやパイロットの育成といったRPG要素も『WoT』から健在です。

Taewon Yun氏が「最もエキサイティングな変更」だと謳うのが、『World of Tanks』と『World of Warplanes』でプレミアムアカウントが統合されるということ。今後、『World of Tanks』で有料のプレミアムアカウントを所持するユーザーは、『World of Warplanes』のアカウントが自動的にプレミアムに切り替わる仕組み。それだけでなく、ゲーム中で得た経験値を別の『World of』タイトルに転送できるようになり、将来的には、第3作目である『World of Warships』も統合されるそうです。

『World of Warplanes』は現在はクローズドベータテスト段階にあり、2013年7月に北米と欧州を対象にオープンベータテストの実施を計画しているということです。

「陸」、「空」と続いて、次に登場するのは「海」での戦いです。『World of Warships』は、何百キロ四方に股がる広範囲の海を舞台に、軍艦の水上戦が繰り広げられる『World of』シリーズの最新作。開発はプレアルファステージながらすでにプレイアブルだといい、E3のWargaming.netブースのクローズドシアターでライブデモ映像が限定的に公開されていました。Taewon Yun氏によると、『World of Warships』では現在ゲーム中に4つ船を用意しており、そのうちのひとつは、史上最大の戦艦として名高い“大和”とのことで、日本のプレイヤーから今後注目を集めるかもしれません。

Wargaming.netは、“Free-to-Win”と呼ばれるF2P市場における新しいスローガンを掲げており、これは、より多く課金したプレイヤーが有利になる既存のモデル(Pay-to-Win)に対して、課金しない無料プレイヤーでも対等に遊ぶことができるモデルを意味しています。

取材の最後に、『World of Tanks』に日本の戦車が登場する可能性を質問してみたところ、「計画はしており、年内の導入は難しいものの、将来的にはいずれ登場するはず」という回答でした。
《谷理央》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら