サイバーエージェント、NFC搭載スマホを活用した「リアル・リワード広告」を開発 『ガールフレンド(仮)』で実証実験も開始 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント、NFC搭載スマホを活用した「リアル・リワード広告」を開発 『ガールフレンド(仮)』で実証実験も開始

その他 その他

株式会社サイバーエージェント  と  株式会社CAリワード  及び  凸版印刷株式会社  が、共同でNFC技術を活用しリアルの場からオンライン上でアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発した。
  • 株式会社サイバーエージェント  と  株式会社CAリワード  及び  凸版印刷株式会社  が、共同でNFC技術を活用しリアルの場からオンライン上でアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発した。
株式会社サイバーエージェント株式会社CAリワード及び凸版印刷株式会社が、共同でNFC技術を活用しリアルの場からオンライン上でアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発した。

「リアル・リワード広告」は、オンライン上で指定のアクションを行うとインセンティブが付与される成果報酬型広告であるリワード広告と実店舗での消費者行動を連動させた広告。具体的には、消費者がNFC搭載のスマートフォンを店舗内に設置されたNFCタグ付きのポスターにかざすと対象アプリをダウンロードできるというもので、さらにアプリのダウンロードに対するインセンティブとして店舗内で利用出来るクーポンなどを消費者に付与する。

アプリをダウンロードすることによってゲーム内で利用できるデジタルインセンティブを取得できるといったオンライン上で完結するリワード広告と違い、リアル店舗というオフラインの場から送客し、アプリ提供企業の新たなユーザー獲得を実現するというもので、日本初の試みになるという。

プロモーションを実施する店舗にとってはクーポンなどのインセンティブを販促施策として活用できるメリットがあり、さらにアプリ提供企業は「リアル・リワード広告」経由でのアプリのダウンロード数やダウンロードされた場所を、プロモーション実施店舗はクーポン発行枚数やクーポン利用者数データを取得することもできる。

実際の展開については、プロモーション企画・マーケティング企画をサイバーエージェントが、リワード広告に関する技術提供をCAリワードが、NFCコンテンツ配信サービス「Cylsee(シルシー)」を活用したNFC関連の技術提供を凸版印刷が担当する。

また、3社は3月12日(火)まで「スペースクリエイト自遊空間BIGBOX高田馬場店」にてスマートフォン向けAmebaにて提供されているソーシャルゲーム『ガールフレンド(仮)』をダウンロードすると店舗内で利用可能なクーポンを取得できるチャンスがあるクジに参加できるという実証実験を行う。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら