スマホ向けAmeba、9月末までに60タイトル以上のゲームを提供 | GameBusiness.jp

スマホ向けAmeba、9月末までに60タイトル以上のゲームを提供

その他 その他

株式会社サイバーエージェント  が、同社が提供する  スマートフォン向けAmeba  のプラットフォームオープン化に伴い、  株式会社gloops  や  株式会社サイバード  など開発パートナー21社からのゲーム提供が決定したと発表した。
  • 株式会社サイバーエージェント  が、同社が提供する  スマートフォン向けAmeba  のプラットフォームオープン化に伴い、  株式会社gloops  や  株式会社サイバード  など開発パートナー21社からのゲーム提供が決定したと発表した。
  • 株式会社サイバーエージェント  が、同社が提供する  スマートフォン向けAmeba  のプラットフォームオープン化に伴い、  株式会社gloops  や  株式会社サイバード  など開発パートナー21社からのゲーム提供が決定したと発表した。
株式会社サイバーエージェントが、同社が提供するスマートフォン向けAmebaのプラットフォームオープン化に伴い、株式会社gloops株式会社サイバードなど開発パートナー21社からのゲーム提供が決定したと発表した。

スマートフォン向け「Ameba」は6月12日にリニューアルを行い、TwitterやFacebook、mixiなどの他サービスのIDと連携することでAmebaへのユーザー登録をすることなくサービス利用を可能にし、サードパーティのディベロッパーのソーシャルゲームの提供も開始した。

既にgloopsの『大熱狂!!プロ野球カード』やクルーズの『神魔×継承!ラグナブレイク』、ジー・モードの『片翼のクロノスギア』などサイバーエージェントグループ以外のディベロッパーのソーシャルゲームの提供を開始している。

さらに今後9月末までを目処に自社開発ゲーム・開発パートナー提供ゲーム合わせて60タイトル以上を提供していくとのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら