Cygames運営のソーシャルゲーム『神撃のバハムート』英語版がGoogle Playの売上ランキングで米国1位を獲得 | GameBusiness.jp

Cygames運営のソーシャルゲーム『神撃のバハムート』英語版がGoogle Playの売上ランキングで米国1位を獲得

その他 その他

株式会社サイバーエージェント  の連結子会社の  株式会社Cygames  が、同社がグローバル版「Mobage」にて提供しているソーシャル・カードゲーム『Rage of Bahamut』(日本語オリジナルタイトル:『神撃のバハムート』)がGoogle Playの全Androidアプリ売上ランキング
  • 株式会社サイバーエージェント  の連結子会社の  株式会社Cygames  が、同社がグローバル版「Mobage」にて提供しているソーシャル・カードゲーム『Rage of Bahamut』(日本語オリジナルタイトル:『神撃のバハムート』)がGoogle Playの全Androidアプリ売上ランキング
株式会社サイバーエージェントの連結子会社の株式会社Cygamesが、同社がグローバル版「Mobage」にて提供しているソーシャル・カードゲーム『Rage of Bahamut』(日本語オリジナルタイトル:『神撃のバハムート』)がGoogle Playの全Androidアプリ売上ランキングで4月22日に米国1位を獲得したと発表した。また、同タイトルは、スウェーデンで2位、カナダで6位、オランダで7位のAndroid売上ランキングも達成している。

『神撃のバハムート』は、ファンタジーの世界で「伝説の英雄」や「神々」、「魔物」が封じられたカードを集めて進化させながら、世界中を冒険するソーシャルRPG。日本国内ではHTMLベースのブラウザゲームとしてMobageにて提供されている。

DeNAの米国子会社であるngmoco, LLCが欧米を中心に展開するグローバル版「Mobage」では、オリジナルのブラウザゲームを内包した英語版Androidアプリ『Rage of Bahamut』として提供されており、各国のGoogle Playからダウンロードが可能となっている。

同社によれば、欧米のユーザーにカードバトルというゲームシステムが受け入れられ、美しいグラフィックなどが高く評価された結果、高ランキングを獲得することができたとのこと。同社では今後も世界中のユーザーに楽しんでもらえるハイクオリティーなゲームづくりを目指すとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら