サイバーエージェント、6月にスマートフォン向け「Ameba」をコミュニティプラットフォームとしてリニューアル ゲームAPIもオープン化 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント、6月にスマートフォン向け「Ameba」をコミュニティプラットフォームとしてリニューアル ゲームAPIもオープン化

その他 その他

株式会社サイバーエージェントが、2012年6月上旬にスマートフォン向けサービス「Ameba」をコミュニティプラットフォームとしてリニューアルし、ゲームAPIをオープン化すると発表した。

これに伴い、Amebaのスマートフォン向けコミュニティプラットフォームにて、開発パートナー11社からのゲーム提供が決定したほか、FacebookやTwitterなどの他サービスIDと連携することで、Amebaへの会員登録をすることなく簡単にサービスを利用することが可能となる。

今後同社では自社で提供するコミュニティサービスをはじめ、開発パートナーから提供されるゲームなどコンテンツを拡充し、それぞれのサービスで構築されるソーシャルグラフを集約した「デカグラフ」構想として年内1,000万会員を目指すとしている。

なお、現在提供が決定しているAmebaのスマートフォン向けプラットフォームの公開ゲームは、gloopsが提供する『大連携!!オーディンバトル』などのヒットゲームをはじめ、Ameba向けにオリジナルで制作されたゲームなど開発パートナー11社が展開する21タイトルに自社開発のゲームをあわせた計31個となる。提供予定企業は以下のとおり

・芸者東京エンターテインメント株式会社:名称未定
・株式会社gloops:大連携!!オーディンバトル、他1タイトル
・CROOZ株式会社:神魔×継承!ラグナブレイク、他1タイトル
・株式会社CyberX:みんなのバータウン
・株式会社サムザップ:戦国SAGA、海賊クルーズ
・株式会社シーエー・モバイル:艶がーる、オフレコ、盛りガール、エルと魔法の本
・株式会社ジークレスト:ワンダーストーリー
・株式会社ジー・モード:片翼のクロノスギア
・株式会社タイトー:名称未定
他2社
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら