JRPGのローカライズを目指すKickstarterが実施、第1弾は『剣と魔法と学園モノ。2』 | GameBusiness.jp

JRPGのローカライズを目指すKickstarterが実施、第1弾は『剣と魔法と学園モノ。2』

その他 その他

海外のインディーゲームシーンで急速なムーブメントとなっているKickstarterですが、新作ゲームの開発費だけでなく、外国ゲームのローカライズ費用をファンから募るという新たなスタイルも生まれているようです。




元より日本産ゲームのローカライズを多く手掛けているMonkeyPaw GamesとGAIJINWORKSが共同で、海外で未発売のJRPGをパッケージ/ダウンロードのハイブリッド形式でリリースするためのKickstarterキャンペーン実施を発表しました。

ローカライズの対象となるのは、アクワイアから2009年に日本で発売されているPSPタイトル『剣と魔法と学園モノ。2』(1作目はアトラスから海外で発売)で、Kickstarterの目標金額は50万ドル。4月27日の期日までにこの金額を達成できた場合は、追加要素なども含めて英語化したゲームを北米と欧州で発売し、Kickstarterの出資者限定でプレミアムパッケージ版も用意するとのこと。

MonkeyPaw Gamesの担当者によると、まだ欧米市場で発売されていないJRPGは多く存在し、Kickstarterキャンペーンはそうしたタイトルが日の目を見るチャンスになるだろうと語っています。

尚、本Kickstarterに集まった募金は現在のところ2万7,801ドル(目標は50万ドル)で、支持者数は310名となっています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら