オートデスク、最新ゲームミドルウェアを紹介するセミナーを20日開催・・・イニスによる採用事例も | GameBusiness.jp

オートデスク、最新ゲームミドルウェアを紹介するセミナーを20日開催・・・イニスによる採用事例も

その他 その他

オートデスクは、同社の最新ゲームミドルウェアを紹介する「Autodesk GAMEWARE Seminar 2012」を1月20日にベルサール九段にて開催します。

注目はイニスによる「THE BLACK EYED PEAS EXPERIECE ミドルウェア使用事例」。ユービーアイソフトとのコラボレーションによるXbox360とKinectに対応したダンスゲームです。同作品にはオートデスクの「Scaleform」「HumanIK」というミドルウェアとしてDCCツールでは「3ds MAX」「MotionBuilder」が採用。そのメイキングが語られます。

また、エピックス・ゲームズ・ジャパンからは「アンリアル・エンジン3」とオートデスクのDCCツールの連携や「Scaleform」の活用する方法が紹介されるほか、オートデスクからは各種ミドルウェアと買収が完了したばかりのAIテクノロジー「GRIP」が紹介されます。

参加は無料。ウェブサイトより事前申込みを行なってください。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら