米オンラインゲームのOutspark、ゲームプラットフォーム「Flint」を公開 | GameBusiness.jp

米オンラインゲームのOutspark、ゲームプラットフォーム「Flint」を公開

その他 その他

基本無料のオンラインゲーム『ディバインソウル』(国内ではアエリア)や『ルビニアサーガ』(同ゲームオン)などを米国で展開するOutsparkは、基本無料モデルのMMOやブラウザゲームを提供するためのプラットフォーム「Flint」を発表しました。

デベロッパーは「Flint」を利用することで800万人以上のOutsparkのユーザーにリーチできます。デベロッパーにはユーザー獲得、分析、マネタイズ、マーケティング、運営などに用いる事のできる各種APIが提供されるとのこと。

「Flint」を通じて最初に提供されるのはファンタジーMMO『Lord of Ages』になるそうです。同作は日本のアエリアが権利を持ち英語版も展開していますが、これがOutsparkの「Flint」でも提供されるようです。

同社では夏に向けて様々な提携を進めており、2億人に提供できるプラットフォームになるとしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら