グリー、家庭用デベロッパーのハ・ン・ドと資本提携 | GameBusiness.jp

グリー、家庭用デベロッパーのハ・ン・ドと資本提携

その他 その他

グリーは、家庭用ゲーム機向けのデベロッパーとして知られるハ・ン・ドの株式の一部を取得し資本提携すると発表しました。

ハ・ン・ドは『KINGDOM HEARTS Re:coded』(DS/スクウェア・エニックス)、『チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』(Wii/スクウェア・エニックス)など家庭用の本格ゲームを開発する一方、近年では『Imaginary Range』(iPhone/スクウェア・エニックス)、『Chocobos Crystal Tower』(Facebook/スクウェア・エニックス)、『どきどき♪カジノハート』(Mobage/ニフティ)といった新分野にも積極的です。

グリーではハ・ン・ドとの資本提携を通じてソーシャルゲームの開発体制を強化したいとしています。

出資額や取得株式数は明らかにされていませんが、持分法の適応対象ではないとしていますので、20%未満ということになります。取得時期は6月上旬予定。

■ハ・ン・ドの概要
商号  株式会社ハ・ン・ド
代表者  的場輝明
所在地  北海道札幌市
設立  平成5年2月
従業員数  138名(平成23年3月31日現在)
主な事業内容  家庭用ゲームソフト、ソーシャルゲーム、CG等の開発、制作
資本金 1,000万円(平成23年3月31日現在)
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら