KDDIとグリー、DCMのAndroid向け投資ファンドに出資 | GameBusiness.jp

KDDIとグリー、DCMのAndroid向け投資ファンドに出資

その他 その他

KDDIとグリーは、米国のベンチャーキャピタルDCMが新たに設立する、Android関連の周辺ビジネスを展開する有望なベンチャー企業を対象とした投資ファンド「A-Fund, L.P.」にそれぞれ2500万ドル(約20.5億円)を出資すると発表しました。

「A-Fund, L.P.」はAndroidに関連したアプリケーションやプラットフォーム、ハードウェアの開発、ネットサービスなどを提供するベンチャー企業を対象とした世界初のAndroid特化型ファンド。KDDIとグリーのほか、中国のTencentも出資を決定しています。総額は1億ドルになる予定。

KDDIは出資を通じて、Android関連ベンチャーの成長をサポートしながら、出資や提携等を視野に入れサービスやアプリケーションを自社のデバイスで活用していきたいとしています。また、グリーはファンドから出資を受けたソーシャルアプリ開発企業とのパートナーシップを強化しプラットフォームの拡大に繋げたいとしています。

<ファンド概要>
ファンド名称 A-Fund, L.P.
新規投資期間 2016年12月までの最大5年間を予定
投資対象 米国、中国、日本などにおいて、Android(TM)関連の事業
(アプリケーション、プラットフォーム、ハードウェアの
開発およびネットサービスの提供など)を展開するベン
チャー企業に投資
運用総額 1億ドル(予定)
運営者 DCM
主な出資企業(※) KDDI(25百万ドル)、グリー(25百万ドル)、
Tencent、その他グローバル企業
※ 2011年4月22日現在。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら