「1ドルや2ドルのモバイルゲームが業界最大のリスク」米国任天堂社長 | GameBusiness.jp

「1ドルや2ドルのモバイルゲームが業界最大のリスク」米国任天堂社長

その他 その他

ニンテンドー3DSにおいて、ゲームの価格は4800〜5800円のレンジになると考えられています。これは現行のDSと同等か約1000円程度の引き上げになります。
  • ニンテンドー3DSにおいて、ゲームの価格は4800〜5800円のレンジになると考えられています。これは現行のDSと同等か約1000円程度の引き上げになります。
ニンテンドー3DSにおいて、ゲームの価格は4800〜5800円のレンジになると考えられています。これは現行のDSと同等か約1000円程度の引き上げになります。

このゲームの価格について、任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは「低価格なモバイルゲームが業界にとって最大のリスクだ」とGameTrailers TVとのインタビューで述べました。

「(世界で5000万回以上ダウンロードされた)『Angry Birds』は非常に素晴らしい体験を提供してくれます。しかし膨大な数のコンテンツが1ドルや2ドルで販売されています。ユーザーがどんなゲームも1ドルか2ドルで買えるものだと考えるのではないかと危惧しています」

とこのようにReggie氏は懸念を示しています。

一方、攻撃的な姿勢で知られるReggie氏はモバイルのゲームについて「価値のないゲームが1ドルや2ドルの"高値"を付けていることも多いが、これは話が別だ」とジャブも放っています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら