ジンガ、ニューヨークのArea/Codeを買収・・・Facebook『CSI: Crime City』など | GameBusiness.jp

ジンガ、ニューヨークのArea/Codeを買収・・・Facebook『CSI: Crime City』など

その他 その他

ジンガが新たにFacebook向け『CSI: Crime City』(ユービーアイソフト)、『Parking Wars』(A&E)、『Power Planets』(ディスカバーチャンネル)、iPhone向け『Drop7』などのデベロッパーであるArea/Code Gamesを買収したことが明らかになりました。買収金額は不明。

Area/Codeが自社のブログで公表しました。

今後はジンガ ニューヨークと改称するものの、クリエイティブディレクターのFrank Lantz氏やゼネラルマネージャーのDemetri Detsaridis氏は引き続き職に留まるとのこと。ただし共同創業者のKevin Slavin氏は新たなベンチャーを立ち上げる模様。

Area/Codeはニューヨークはマンハッタンに拠点を置くデベロッパーで、主にiPhoneなどのモバイルデバイスやFacebookのソーシャルゲームを手掛けてきました。大手パブリッシャーと良好な関係を築き、先進的なフィーチャーを取り入れたゲームで成長してきました。設立は2005年。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら