『ファンタシースターオンライン』全サービス終了、10年の歴史に幕を下ろす | GameBusiness.jp

『ファンタシースターオンライン』全サービス終了、10年の歴史に幕を下ろす

その他 その他

セガは、Windowsソフト『ファンタシースターオンライン ブルーバースト』のサービスを12月27日を持って終了しました。
  • セガは、Windowsソフト『ファンタシースターオンライン ブルーバースト』のサービスを12月27日を持って終了しました。
セガは、Windowsソフト『ファンタシースターオンライン ブルーバースト』のサービスを12月27日を持って終了しました。

『ファンタシースターオンライン』は、2000年にドリームキャスト用ソフトとして発売。一般家庭ではアナログ回線が主流という当時、家庭用ゲーム機でのオンラインRPGきわめて稀有な存在でした。後にニンテンドーゲームキューブ、Xboxにも移植され、Windows向けには『ファンタシースターオンライン ブルーバースト』が発売されました。

『ファンタシースターオンライン ブルーバースト』は、『PSO』シリーズ作として2004年7月8日に正式サービスを開始。6年以上、サービスを続けていたことになります。

近年は『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』など、携帯ゲーム機への展開が著しい『ファンタシースター』シリーズですが、これにより、2000年から続いていた『ファンタシースターオンライン』は全て終了したことになります。

今後の展開は『ファンタシースターオンライン2』が2011年に登場する予定となっています。

(C) SEGA,2000,2005
《土井大輔》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら