韓国で暴力ゲームを遊んだ男性、無差別殺人を起こす事件発生 | GameBusiness.jp

韓国で暴力ゲームを遊んだ男性、無差別殺人を起こす事件発生

その他 その他

東亜日報の報道によると、韓国ソウルの路上で市民を包丁で刺殺した男性(23)は、「ゲームの中でのように人を殺してみたかった」と供述しているといいます。

容疑者である男性は、現地時間5日夜から6日にかけて徹夜でPlayStation2の暴力的な格闘ゲームをしたのち、興奮状態で自宅を出たといいます。
男性は、ちょうど自宅前を通りかかった老人や若者を襲撃。わき腹や太ももを刺しました。

容疑者は高校時代には学校でトップ10に入るほどの優等生。アメリカの大学に留学した経験もあります。

しかし、今年7月には大学を辞めて帰国。いわゆる引きこもりの状態となり、暴力性の強いゲームに打ち込んでいたといいます。

同紙ではこれを「ゲーム中毒が招いた殺人」としていますが、はたして真相は。
《土井大輔》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら