基本無料+アイテム課金モデルは家庭用ゲーム機でも成立するか? ハドソン『エレメンタルモンスター』 | GameBusiness.jp

基本無料+アイテム課金モデルは家庭用ゲーム機でも成立するか? ハドソン『エレメンタルモンスター』

その他 その他

ハドソンは、プレイステーション3のPlayStation Network向けに『エレメンタルモンスター -ONLINE CARD GAME-』の配信を開始しました。
  • ハドソンは、プレイステーション3のPlayStation Network向けに『エレメンタルモンスター -ONLINE CARD GAME-』の配信を開始しました。
  • ハドソンは、プレイステーション3のPlayStation Network向けに『エレメンタルモンスター -ONLINE CARD GAME-』の配信を開始しました。
  • ハドソンは、プレイステーション3のPlayStation Network向けに『エレメンタルモンスター -ONLINE CARD GAME-』の配信を開始しました。
ハドソンは、プレイステーション3のPlayStation Network向けに『エレメンタルモンスター -ONLINE CARD GAME-』の配信を開始しました。

ニンテンドーDSや携帯電話、iPhoneなどで展開されてきたシリーズの最新作で、カードゲームでありながら最大6枚という非常に少ない枚数で遊べる敷居の低い内容になっています。

本作ではブロッコリーの「ディメンション・ゼロ」、富士見書房・ブロッコリーの「モンスター・コレクション TCG」、スクウェア・エニックスの「ロード オブ ヴァーミリオン」とのコラボレーションカードも登場します。

本作は特別価格100円で本体が販売されていて、対戦チケットや各種ブースターBOXで課金するというスタイルが取られています。対戦チケットは4枚で100円。ブースターBOXは500円です。コラボレーションカードもこうした課金アイテムに含まれます。

基本無料とまではいきませんが、本体が100円でプラスアイテム課金という家庭用ゲーム機では珍しいモデルで、成否が注目されます。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら