グリーとIDCフロンティア、開発パートナー向けクラウドサービスの提供開始 | GameBusiness.jp

グリーとIDCフロンティア、開発パートナー向けクラウドサービスの提供開始

その他 その他

グリー<3631>とIDCフロンティアは、11月17日、『GREEクラウド powered by IDC Frontier』の提供を開始する、と発表しました。

両社によれば、今回発表した新サービスは、「GREE Platform」専用サービスのひとつで、「GREE」でソーシャルアプリを提供する開発パートナーにサーバーやネットワークの機能を貸し出すクラウドコンピューティングサービスです。

サーバー・ネットワークといったインフラコストを抑えつつ、アプリの提供開始から収益化までの期間の支援や、突発的なアクセス増への対応など、開発パートナーが直面する課題を解消・支援するもので、11月4日に提供を開始した「ソーシャルアプリパック for GREE」に続くインフラサービスとなる、とのこと。

IDCフロンティアのパブリック型クラウドサービスであるNOAHプラットフォームサービスの開発・運用と、1年以上の提供実績から蓄積されたノウハウを活かしたサービスで、以下のような特徴があるそうです。

・仮想マシンは従来比で約3分の1となる料金体系
・ネットワーク利用料は3ヵ月間無償提供
・月額0円からのネットワーク帯域保証
・専用物理サーバーと組み合わせたハイブリッド構成
・高可用性のNOAHプラットフォームサービスに移行が可能
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら