『BASARA』や『アイルー』の好調も・・・カプコン業績予想を下方修正 | GameBusiness.jp

『BASARA』や『アイルー』の好調も・・・カプコン業績予想を下方修正

その他 その他

カプコンは4日、今期の業績予想を下方修正すると発表しました。

修正の理由について同社は、『戦国BASARA3』や『ぽかぽかアイルー村』が好調であったものの、『デッドライジング2』の発売が遅れたこと、第1四半期の『ロスト プラネット2』が大幅な未達となっていて、これをカバーすることができなかったとしています。また、急激な円高も影響が避けられませんでした。

修正後の上半期の業績予想は売上高405億円(修正前 453億円)、営業利益37億円(48億円)、経常利益28億円(47億円)、純利益17億円(29億円)。通期では売上高910億円(950億円)、営業利益130億円(150億円)、経常利益110億円(140億円)、純利益65億円(80億円)となります。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら