『DmC』はUnreal Engineを採用、Ninja Theoryが明らかに | GameBusiness.jp

『DmC』はUnreal Engineを採用、Ninja Theoryが明らかに

その他 その他

東京ゲームショウでカプコンから電撃発表、独自のキャラクターデザインやアートスタイルが波紋を呼んだ海外開発のデビルメイクライ新作『DmC』。

デベロッパーのNinja Theoryは、本作がエピック・ゲームスの「Unreal Engine」を採用していることを公式フォーラムで明らかにしています。

前作『デビル メイ クライ4』はカプコンの自社エンジン「MT Framework」が使われていましたが、外部のスタジオということで採用されなかったのでしょうか。尚、Ninja Theoryが間もなく開発を完了する新作『Enslaved』も、「Unreal Engine」が使われています。

ちなみにカプコンがサイバーコネクトツーと組んで開発する新作『ASURA'SWRATH』でも「Unreal Engine」が採用されています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら