『DmC』のモーションキャプチャーは映画「アバター」と同じスタジオで撮影 | GameBusiness.jp

『DmC』のモーションキャプチャーは映画「アバター」と同じスタジオで撮影

その他 その他

Ninja Theoryの手がけるデビルメイクライ最新作『DmC Devil May Cry』が英国のニュースサイトBusiness Weeklyにて特集され、本作のモーションキャプチャーに映画『アバター』の制作の際ジェームズキャメロン監督が使用したのと同じスタジオで、ゲームシーンを撮影したことが明らかになりました。

本作では身体の動き、顔の動き、俳優の声や音声を同時にキャプチャする最先端のモーションキャプチャー技術を採用しており、Ninja TheoryのDominic Matthews氏によると、この技術は、数年間にわたってNinja Theory社内で開発され、顔だけで60個あるセンサーにより今までのゲームでは見られないような俳優の複雑な表情を追跡する事が出来るそうです。

一新された主人公ダンテのデザインが賛否両論の今作ですが、新技術によって更に進化したシリーズ伝統のスタイリッシュなアクションに期待がかかります。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら