DeNA、ソーシャルメディア関連スタートアップ支援のファンドに25億円を出資 | GameBusiness.jp

DeNA、ソーシャルメディア関連スタートアップ支援のファンドに25億円を出資

その他 その他

ディー・エヌ・エーは、5月11日に設立予定の「インキュベイトファンド1号投資事業有限責任組合」(無限責任組合員:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)に25億円出資すると発表しました。

本ファンドでは、ソーシャルメディアのオープン化に伴うイノベーションを創出するシードステージ企業へのインキュベーション投資、および有望な企業へのグロース投資に特化し、10〜100%の持株シェアを獲得することを方針にするとのこと。ディー・エヌ・エーではファンドの投資発掘力、ハンズオン力を活用して、有望なスタートアップに対して積極的に関与していくとしています。

詳細は明らかにされていませんが、世界を目指すソーシャルメディア関連のデベロッパーが対象になるようです。ディー・エヌ・エーが主導するということはソーシャルゲームがメインになるのでしょうか。

インキュベイトファンド1号投資事業有限責任組合
・ファンド設立日(予定) 2010年5月11日(火) 
・ファンド総額      30億円(内、DeNAが25億円の出資)
・無限責任組合員     赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介
・投資対象 ソーシャルアプリケーションや係る周辺サービス及び
ソーシャルメディアのオープン化に伴うイノベーションを
創出する企業体等。国内だけでなくグローバル展開を志向し、
グローバルで通用する可能性のある企業体等。
・ファンド存続期間    2010年5月11日〜2017年12月31日(但し、2年を限度に延長の可能性あり)
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら