モバゲーのスマートフォン&海外展開について【本日のスライド】 | GameBusiness.jp

モバゲーのスマートフォン&海外展開について【本日のスライド】

12月に開催された第3回モバゲーオープンプラットフォームForumにおける資料が公開されていました。モバゲータウンのスマートフォンそして海外展開について具体的に明らかにされています。

その他 その他
12月に開催された第3回モバゲーオープンプラットフォームForumにおける資料が公開されていました。モバゲータウンのスマートフォンそして海外展開について具体的に明らかにされています。

現在モバゲータウンでは、スマートフォン(iOS、Android)のブラウザでのソーシャルゲームとして『怪盗ロワイヤル』が公開されていますが、2月からパートナータイトルも含めて拡充される予定です。また、アプリ版は4月から公開予定で、現在パートナー向けにSDKが公開されています。ngmocoの開発したngCoreも近日中に利用可能になる予定です。

海外展開に関しても具体的に記されています。国内ではディー・エヌ・エーが、海外ではngmocoが担当しますが、国内デベロッパー向けにはディー・エヌ・エーが窓口になりサポートしていくとのこと。かなり力を入れてデベロッパーの海外支援を行うというのが資料からは伺えます。



《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら