EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表 | GameBusiness.jp

EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表

その他 その他

本日、エレクトロニック・アーツは、Infinity Wardの元幹部であるVince Zampella氏とJason West氏が、新開発スタジオRespawn Entertainmentを設立したとプレスリリースで発表しました。

『Modern Warfare 2』を巡るトラブルでInfinity Wardを去りアクティビジョンを起訴していた両氏ですが、今後はEA Partnersプログラムとの独占契約の下、新作ゲームの開発に取り掛かることに。準備中の公式サイトでは早くも人材の募集が行われているようです。

以下、ゼネラルマネージャーに就任したVince Zampella氏のコメント。

“Respawn EntertainmentはJasonと私の新しいスタート地点です。私たちは長い間素晴らしい開発チームを率い、偉大なゲームシリーズの制作に情熱を注いできました。これまで手がけた作品や何百万ものファンが楽しんでくれたことをとても誇りに思っています。今日、私たちはもう一度最初から全てをやり直したいと望んでいます。新たなスタジオを立ち上げ、素晴らしいチームを雇い、パートナーのEAと共に全く新しいゲームを作るのです。”

Respawn Entertainmentの社長に就任するJason West氏は次のようにコメント。

“最高です。これでチームが作品やブランドの主導権を持てるようになりました。ファンも同じように良い扱いを受けることができるでしょう。”

偉大なCall of Dutyフランチャイズを築き上げた二人のクリエイターからどのような作品が生まれるか、Activisionとの訴訟合戦の行方と共に今後の動きに大きな関心が集まりそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら