海外展開ニュースまとめ | GameBusiness.jp

海外展開に関するニュースまとめ一覧

海外展開 最新ニュース

Read more
サイバーステップ子会社BloomZ、NASDAQに上場へ―音響・動画・VTuber事業で海外展開加速 画像
企業動向

サイバーステップ子会社BloomZ、NASDAQに上場へ―音響・動画・VTuber事業で海外展開加速

BloomZは音響制作および動画配信プラットフォーム向けコンテンツの制作・運営を主力事業としているほか、VTuber運営なども手がけています。

『モンスト』10周年迎えるもゲーム事業は減収のMIXI、インド進出で潮目を変えることができるか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『モンスト』10周年迎えるもゲーム事業は減収のMIXI、インド進出で潮目を変えることができるか?【ゲーム企業の決算を読む】

MIXIの成長がピタリと止まりました。

『桃鉄』ヒットで売上高過去最高更新のコナミ、『パワプロ』新作で次なる大波を作れるか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

『桃鉄』ヒットで売上高過去最高更新のコナミ、『パワプロ』新作で次なる大波を作れるか?【ゲーム企業の決算を読む】

2025年3月期は大谷翔平選手をアンバサダーに起用した『パワフルプロ野球2024-2025』のリリースを控えています。

「ホロライブ5th Fes./EXPO2024」の成功で大幅な増収増益達成のカバー―ANYCOLORが苦戦する海外攻略を成功させられるか?【ゲーム企業の決算を読む】 画像
企業動向

「ホロライブ5th Fes./EXPO2024」の成功で大幅な増収増益達成のカバー―ANYCOLORが苦戦する海外攻略を成功させられるか?【ゲーム企業の決算を読む】

ホロライブプロダクションを運営するカバーの業績が好調。今後の成長を担うのは海外事業とみられます。

「ぶいすぽっ!」「CR Gaming School」など運営のBrave group、三井不動産・テレビ朝日から資金調達―累計調達額は約62億円に 画像
企業動向

「ぶいすぽっ!」「CR Gaming School」など運営のBrave group、三井不動産・テレビ朝日から資金調達―累計調達額は約62億円に

三井不動産との海外VTuber共同開発や海外におけるオフラインイベントの開催、テレビ朝日とBrave groupのアセットを活用した事業連携を推進するとしています。

セガがRelic Entertainmentを売却、欧州で約240名の人員削減も―約62億円の特別損失を見込む 画像
企業動向

セガがRelic Entertainmentを売却、欧州で約240名の人員削減も―約62億円の特別損失を見込む

Relic Entertainmentは「独立系スタジオ」として、『Company of Heroes 3』のアップデートに向け開発を継続することをアナウンスしています。

「ホロライブ」運営のカバー社初の海外拠点「COVER USA」が7月より始動―谷郷社長がめざす“徹底したローカライズ”とは【発表会レポート】 画像
企業動向

「ホロライブ」運営のカバー社初の海外拠点「COVER USA」が7月より始動―谷郷社長がめざす“徹底したローカライズ”とは【発表会レポート】

これまでも海外展開に力を入れてきたカバーが自社初となる海外拠点を設立。これまでと何が違い、どのような展開が期待できるのか? 谷郷元昭CEOがファンへ向けてメッセージを発信しました。

「ホロライブ」カバー株式会社が海外拠点「COVER USA」の設立を発表…「VTuber」カルチャーを世界で勝負できる日本発の新たなコンテンツ産業へ 画像
企業動向

「ホロライブ」カバー株式会社が海外拠点「COVER USA」の設立を発表…「VTuber」カルチャーを世界で勝負できる日本発の新たなコンテンツ産業へ

コミュニティ拡大とビジネス機会の創出を目指していきます。

自分の作りたいゲームを面白くし、完成させる秘訣とは?クリエイターKEIZO氏が開発に約15年をかけた『ASTLIBRA Revision』の開発で気づいたこと【IDC2023】 画像
ゲーム開発

自分の作りたいゲームを面白くし、完成させる秘訣とは?クリエイターKEIZO氏が開発に約15年をかけた『ASTLIBRA Revision』の開発で気づいたこと【IDC2023】

開発15年以上をかけたことが話題のアクションRPG『ASTLIBRA Revision』。本作は長い期間をかけ、どのように完成させたか。その秘訣には、ゲーム開発で大事なヒントが数多く含まれていました。

バルスとコノキューが業務提携、VTuberライブ「TUBEOUT!」を海外で共同開催へ―第一弾には周防パトラ、22/7など出演 画像
その他

バルスとコノキューが業務提携、VTuberライブ「TUBEOUT!」を海外で共同開催へ―第一弾には周防パトラ、22/7など出演

デトロイトで開かれるアニメコンベンション『YOUMACON』内で「TUBEOUT!」を開催します。

Nativexが語る広告配信プラットフォームXMPの魅力とは?―ハイパーカジュアルゲームの中国進出を強力にサポート 画像
市場

Nativexが語る広告配信プラットフォームXMPの魅力とは?―ハイパーカジュアルゲームの中国進出を強力にサポート

Nativexが2020年10月にリリースした「XMP」は中国と欧米の主要アドネットワークを一元管理できる広告配信プラットフォームです。ゲーム業界で活用できるポイントについて同社のカントリーマネージャーである岩田行雄氏にお話を伺いました。

アカツキ、インド特化のファンド「DIインドデジタル投資組合」に出資…インド市場進出の足がかりに 画像
市場

アカツキ、インド特化のファンド「DIインドデジタル投資組合」に出資…インド市場進出の足がかりに

アカツキは4月20日、「DIインドデジタルファンド」に5億円の出資し、契約締結したことを発表しました。

グリー、人気ゲーム『ダンまち~メモリア・フレーゼ~』の北米版を配信開始…Crunchyroll初のゲーム配信タイトルに 画像
市場

グリー、人気ゲーム『ダンまち~メモリア・フレーゼ~』の北米版を配信開始…Crunchyroll初のゲーム配信タイトルに

グリーは4月2日に『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』の北米版『DanMachi - MEMORIA FREESE』を配信開始しました。

スパイク・チュンソフト代表 櫻井光俊氏に訊く海外戦略―「日本独自の強みで海外展開をめざしたい」 画像
企業動向

スパイク・チュンソフト代表 櫻井光俊氏に訊く海外戦略―「日本独自の強みで海外展開をめざしたい」

GDC2018で新作『ザンキゼロ』をはじめ、4タイトルの北米展開を発表したスパイク・チュンソフト。同社の戦略について代表の櫻井光俊氏にお話を伺いました。

サイバーエージェント、ニューヨーク支社設立…米アプリ市場に照準を合わせた2サービス展開 画像
企業動向

サイバーエージェント、ニューヨーク支社設立…米アプリ市場に照準を合わせた2サービス展開

サイバーエージェントは、7拠点目となる海外オフィスをニューヨークに開設し、アメリカ市場を対象にした「Daily Apps」「Daily Games」という2つのアプリ紹介サービスの提供開始を発表しました。

任天堂スマホゲーム事業、海外シェア高まる―今後も年2~3タイトル投入予定 画像
企業動向

任天堂スマホゲーム事業、海外シェア高まる―今後も年2~3タイトル投入予定

任天堂の2018年3月期 第2四半期決算説明会資料の中で、スマートデバイスビジネスの現状と今後の展開についての説明が行われています。『スーパーマリオ ラン』は2億DL突破のうち9割が海外など、海外でのシェアが高まっているようです。

『ダンメモ』18年海外配信へ グリー、住友商事、イレーションの三社が協力 画像
市場

『ダンメモ』18年海外配信へ グリー、住友商事、イレーションの三社が協力

TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』初のスマートフォン向けゲームアプリ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」の海外配信が決定した。配信は2018年初頭を予定している。

バンナム、VRアクティビティを体験できる「VR ZONE Portal」を国内外で展開―国内1号店は神戸に 画像
企業動向

バンナム、VRアクティビティを体験できる「VR ZONE Portal」を国内外で展開―国内1号店は神戸に

バンダイナムコエンターテインメントは、VRアクティビティを体験できる「VR ZONE Portal」海外1号店を8月21日にロンドン、国内1号店を9月20日に神戸にてオープンします。

『マインクラフト』中国展開がスタート、北京国家水泳センターが『マイクラ』色に染まる 画像
市場

『マインクラフト』中国展開がスタート、北京国家水泳センターが『マイクラ』色に染まる

Mojangは、世界的人気を誇るサンドボックスゲーム『マインクラフト』の中国市場進出を告げるイベントを実施し、中国向けクローズドベータテストを開始しました。

インドゲームショーが2017年2月に開催決定!現地のゲーム市場動向とは 画像
その他

インドゲームショーが2017年2月に開催決定!現地のゲーム市場動向とは

2017年2月2日~5日にインド・ニューデリーで「インドゲームショウ2017」が開催されることが決定しました。それに先んじて6月13日、都内のインド大使館にて「インド国内で急拡大のゲーム市場 日本企業のビジネスチャンスと市場参入戦略セミナー」が行われました。

  • 21件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ