モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】 | GameBusiness.jp

モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】

ペットのネズミは可愛いんですが、路地裏で見るネズミは恐怖です。

ゲーム開発 インディー
モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】
  • モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】
  • モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】
  • モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】
  • モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】
  • モデルはディレクターのペット達―ネズミが主人公のソウルライクなRPG『Tails of Iron』【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Odd Bug Studio開発、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ向けに9月17日にリリースされたネズミRPGアドベンチャー『Tails of Iron』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ネズミが主人公の壮大なRPGアドベンチャープレイヤーは王の後継者、レジーとして王国を再建すべく危険な冒険に旅立ち、美しい世界を冒険しつつ、勇敢な仲間たちとの絆を深め、無慈悲なカエル一族と戦います。独特のダークな世界観も特徴。日本語にも対応済みです。

『Tails of Iron』は、2,990円(9月25日までは10%オフの2,691円)で配信中(Steam)


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Jackこんにちは、Jackです。Odd Bug Studioでプロデューサーとデザイナーを担当しています。当スタジオは、これまでに8年ほどゲーム開発を行ってきました。私たちのデビュー作は、PSVRとOculus Rift向けの『The Lost Bear』で、本作は私たちの2作目となり、すべての主なプラットフォームで発売中です。

私の一番好きなゲームは『ゼルダの伝説 時のオカリナ』ですが、PCゲームに絞れば、おそらく『Salt and Sanctuary』が一番のお気に入りですね。

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Jack本作の開発には3年以上かかっています。開発開始の主なきっかけは、私たちが難しいRPGが大好きだということです。そのため、自分たちでもどんなものが作れるか、試してみたいと思いました。また、本作のメインキャラクターたちは本作のゲームディレクターが飼っているペットのネズミたちをモデルにしています。彼らが本作の開発の後押しをしてくれたとも言えますね。

――本作の特徴を教えてください。

Jack本作はソウルライクな体験ができるゲームです。特徴的な部分があるとすれば、スタミナゲージがないことだと思います。その分、敵の攻撃に置き換わっているのですが、その時の色によって対応の仕方が異なってきます。これにより、ソウルライクに期待するような難しさを実現していると同時に、カジュアルゲーマーにもとっつきやすいゲームになっていると思います。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Jack一番のターゲットは高難度と挑戦が好きなソウルゲーム好きな人たちだと思います。また、本作はRPG好きにも気に入っていただけると思います。本作は面白いキャラクターたちや生きているような美しい世界が登場しますよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Jackはい、大きな影響を受けたものですと、『Salt and Sanctuary』『Hollow Knight』『The Witcher』シリーズです。他にも「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」からもインスピレーションを受けています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Jackありました。パンデミックが始まると、私たちはかつてみんなで仕事をしていたオフィスを手放さなくてはなりませんでした。今では100%自宅からのリモートワークとなり、Discordでコミュニケーションを取っています。幸運なことに、パンデミック以前にも、週に一度は自宅から作業をしていたということもあり、これが生産性の低下につながることはありませんでした。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

JackYouTubeやTwitchでぜひ本作の配信をしていただければと思っています。皆さんが本作をプレイする姿をぜひ見てみたいので、可能な限り見に行きますよ!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Jack本ミニインタビューを読んでいただき、ありがとうございました!すべてのコンソールとSteamでプレイ可能ですので、ぜひ本作に興味を持っていただけると嬉しいです!緊張感のあるバトルと可愛らしいストーリーのゲームをお探しでしたら、本作はまさにピッタリですよ。また、本作をプレイし楽しんでいただけましたら、ぜひ私たちのTwitterアカウントにもお越しください。本作の感想を聞かせていただけるととても嬉しいです!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。
《Chandler@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら