『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉 | GameBusiness.jp

『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉

次世代アップデートは2021年を予定。

ゲーム開発 その他
『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉
  • 『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉
  • 『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉

2015年に発売され非常に高い評価を得たオープンワールドRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント』ですが、2021年にリリース予定の次世代アップデートではいくつかのユーザー製グラフィックModを採用する計画があるようです。


以前Game*Sparkでもご紹介したHDリワークMod「The Witcher 3 HD Reworked Project」の作者Halk Hoganさんの報告によれば、CD PROJEKT REDから協力についての公式メッセージを受け取ったとのことで、まだ決定ではないものの次世代アップデートに彼のModが含まれる可能性が高いそうです。


CD PROJEKT REDも海外メディアKotakuの問い合わせでこの件について認めており、同社は「Xbox Series X|S/PlayStation 5/PC版『ウィッチャー3 ワイルドハント』の自社開発に加えて、2015年版で様々なModを制作しているクリエイターとの交渉も進めています」と伝えています。もし採用された場合の報酬等については明かされていません。


「The Witcher 3 HD Reworked Project NextGen」プレビュー映像


CD PROJEKT REDとMod制作者との協力で、次世代アップデートが素晴らしいものになることに期待です。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら