初代Xbox開発チーム、『Halo』の成功でトム・クルーズからアドバイスを求められていたー海外報道でマイクロソフトの任天堂やスクウェアの買収検討も明らかに | GameBusiness.jp

初代Xbox開発チーム、『Halo』の成功でトム・クルーズからアドバイスを求められていたー海外報道でマイクロソフトの任天堂やスクウェアの買収検討も明らかに

マイクロソフトが任天堂やEA、スクウェアなどの買収を検討していた過去が明らかになりました。

文化 その他
Credit: Koichi Kamoshida via Gettyimages
  • Credit: Koichi Kamoshida via Gettyimages

Credit: Koichi Kamoshida via Gettyimages


Xboxの生誕20周年を受け、世界最大手の通信社Bloombergが当時のXbox開発チームの証言を集めた特集記事を掲載。この中で、マイクロソフトが任天堂やEA、スクウェアなどの買収を検討していた過去が明らかになり、大きな話題となっています。


Bloombergの記事は、当時の同社最高経営責任者だったスティーブ・パルマーやXbox技術主任シェイマス・ブラックリーをはじめとした初代Xboxの開発チームのインタビューで構成。日本のクリエイターとしては、当時テクモでTeam NINJAを率いていた板垣伴信氏がXboxのもたらした開発環境の変化について語っているほか、サードパーティ担当だったケビン・バックス氏が、早い段階で『DEAD OR ALIVE』シリーズの獲得に動いていたこと、テクモ側が『忍者龍剣伝』を復活させたがっていた背景などを明らかにしています。


インタビューの後半では、2001年9月11日に米ニューヨークで起こったアメリカ同時多発テロ事件(9.11)によって、コンソールの開発に大きな影響があったことが語られています。


9.11は旅客機のハイジャックによって起こされた大規模テロであったため、当時、アメリカ国内の航空業界は厳戒態勢になっていました。チームは、海外の製造工場から製品を通常の方法では運べなくなったために、メキシコから飛行機をチャーターする必要があったと語っており、非常に困難な状況で2001年11月15日のアメリカ発売に漕ぎ着けたことが伺えます。


最終的に初代Xboxはアメリカで大成功を収め、ローンチタイトルだった『ヘイロー: コンバット・エボルヴ』も記録的な大ヒットとなりました。この成功を受け、当時のハリウッドで最も注目を集めていた俳優トム・クルーズも、アシスタントを通してXbox開発チームにレベルアップのアドバイスを求めてきたとのこと。


Bloombergのインタビューは、ゲームの歴史において非常に重要な証言が数多く記されています。


※UPDATE(2021/1/8 15:20):誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

初代Xbox開発チーム、『Halo』の成功でトム・クルーズからアドバイスを求められていたー海外報道でマイクロソフトの任天堂やスクウェアの買収検討も明らかに【UPDATE】

《Daisuke Sato@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら