「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介 | GameBusiness.jp

「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介

シリコンスタジオは、「CEDEC2020」の公募セッションにて、アイシン精機と共同で、「Unreal Engineを用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 ~次世代自動駐車システム実現に向けて~」と題したセッションを行うと発表しました。

ゲーム開発 ビジュアル
「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介
  • 「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介
  • 「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介
シリコンスタジオは、9月2日から4日にオンラインで開催予定の「CEDEC2020」公募セッションにて、自動車部品サプライヤーのアイシン精機と共同で、「Unreal Engineを用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 ~次世代自動駐車システム実現に向けて~」と題したセッションを行うと発表しました。

駐車場などの私有地では実車撮影に制約があり、シミュレーション技術を用いたデータ増強が強く求められています。その需要を満たすべく、同社が開発協力したリアルタイム3DCGシミュレーターを参考に、Unreal Engineの活用事例を本セッションにて紹介するとのことです。

Unreal Engineを用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 ~次世代自動駐車システム実現に向けて~



当社は、CEDEC2020の公募セッションにおいて、アイシン精機と共同で、駐車スペース検知技術開発におけるUnreal Engineの活用事例を紹介します。

駐車場シーンなどの私有地では実車撮影に制約があり、シミュレーション技術によるデータ増強が強く求められます。本セッションでは、当社が開発協力したリアルタイム3DCGによるシミュレータを紹介する予定です。白線やトラロープなどさまざまな現実世界に存在する区画線表現に加え、時間帯・天候効果のカスタマイズも可能とし、実写と同様のリアリティを実現します。


配信日時
2020年9月4日(水)14:50~15:50

講演者(敬称略)
  • 小久保嘉人(アイシン精機 先進開発部)
  • 丸山大尭(アイシン精機 先進開発部)
  • 浅田修作(アイシン精機 先進開発部)
  • 末次恵久(アイシン精機 先進開発部 チームリーダー)
  • 武藤洋介(シリコンスタジオ テクノロジー事業本部 技術統括部 テクニカルアート室 CGアーティスト)
  • 梅村篤志(シリコンスタジオ テクノロジー事業本部 プロジェクト管理部 プロジェクトマネージャー)
  • 河野駿介(シリコンスタジオ テクノロジー事業本部 技術統括部 テクニカルアート室 室長)

※セッションの詳細は、CEDEC2020公式ページをご参照ください。
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら