ビジュアルのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 ビジュアルニュース記事一覧

「キーワーズ」は翻訳だけじゃない―多様なサービス、そして“全世界と連携”できる強みを訊く【インタビュー】 画像
市場

「キーワーズ」は翻訳だけじゃない―多様なサービス、そして“全世界と連携”できる強みを訊く【インタビュー】PR

今回GameBusiness.jpでは、「キーワーズ東京オフィス」にて、セールスマネージャー兼グローバルビジネスアドバイザーの池田英一氏と中西一彦氏のお二人へ、キーワーズという会社について、そして同社のサービスのメリットなどを伺いました。

『ELDEN RING』の“こだわり”を制作チーム自ら分析―休日出勤・深夜残業ゼロ…こだわりを生むためには、時間と心の余裕が必要【CEDEC 2022】 画像
ゲーム開発

『ELDEN RING』の“こだわり”を制作チーム自ら分析―休日出勤・深夜残業ゼロ…こだわりを生むためには、時間と心の余裕が必要【CEDEC 2022】

『エルデンリング』フロム・ソフトウェアのこだわりとはコンセプトアートを忠実に解釈したモデリングだった

ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース 画像
ゲーム開発

ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

AIの画像のみでのゲーム制作も話題になった技術が商用、非商用問わず無料で利用できます。

キャラも背景もより綺麗に!『FF14』グラフィックの大幅なアップデートで“画面全体の美しさ”を追求 画像
ゲーム開発

キャラも背景もより綺麗に!『FF14』グラフィックの大幅なアップデートで“画面全体の美しさ”を追求

テクスチャの高解像度化、質感向上のアップデートが今後行われます。

これからのゲームのクリエイティブに必要なコト―アドビが業界向けセミナーで伝えたい最新のツール事情に迫る 画像
ゲーム開発

これからのゲームのクリエイティブに必要なコト―アドビが業界向けセミナーで伝えたい最新のツール事情に迫るPR

「メタバース」の今後についても語られる12月9日開催のアドビ主催セミナーでは何が語られるのか―セミナーの見どころをうかがいました!

Unity 2021アップデートで何が変わった?WebGLの改善やChrome OSサポートなどの注目内容まとめ【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

Unity 2021アップデートで何が変わった?WebGLの改善やChrome OSサポートなどの注目内容まとめ【CEDEC2021】

「Unity 2021.2」多大な更新内容を簡潔に紹介するCEDEC講演レポ。WebGLの大きな改善やChromeOSにも新たにサポート

2025年にはレイトレ時代が来る—NVIDIA FalcorでArnoldの見た目を目指す「レイトレ時代のゲームグラフィックス」レポ【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

2025年にはレイトレ時代が来る—NVIDIA FalcorでArnoldの見た目を目指す「レイトレ時代のゲームグラフィックス」レポ【CEDEC2021】

バンナムではレイトレーシング時代をどう見ているのか?

話題の「Unreal Engine 5」のアーティスト・デザイナー向け注目機能ひとまとめ【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

話題の「Unreal Engine 5」のアーティスト・デザイナー向け注目機能ひとまとめ【CEDEC2021】

2022年初頭フルリリース予定のUE5の注目機能をひとまとめ!アーティストやゲームデザイナー向けの最新情報をひとまとめでお届けします。

『BLUE PROTOCOL』アニメ表現はどのように実装されたのか?都市描写の軽量化施策の事例も紹介【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

『BLUE PROTOCOL』アニメ表現はどのように実装されたのか?都市描写の軽量化施策の事例も紹介【CEDEC2021】

オンラインアクションRPG『ブループロトコル』のセルシェーディング表現の技術的解説。加えて都市描写の軽量化も語られた

ホクロに専用シェーダーも!『BLUE PROTOCOL』を例にしたアニメ表現キャラクリエーションの知見【CEDEC2021】 画像
ゲーム開発

ホクロに専用シェーダーも!『BLUE PROTOCOL』を例にしたアニメ表現キャラクリエーションの知見【CEDEC2021】

アニメ表現のキャラをメイキングできるゲームで気を付けるべき知見とは? CEDEC2021の『BLUE PROTOCOL』を例に挙げたセッションのレポートをお届けします。

紙からドットへ…天野喜孝氏、渋谷員子氏が今振り返る『ファイナルファンタジーVI』とティナ・ケフカへの思い【Cutscenes】 画像
ゲーム開発

紙からドットへ…天野喜孝氏、渋谷員子氏が今振り返る『ファイナルファンタジーVI』とティナ・ケフカへの思い【Cutscenes】

紙の上で創造されたキャラクターはどのようにドット絵として命を吹き込まれたのか―

シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和 画像
ゲーム開発

シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和

シリコンスタジオは、グローバルイルミネーション『Enlighten(エンライトゥン)』のバージョン3.12を、リリースしたと発表しました。

リアルタイムGIミドルウェア「Enlighten」がXbox Series Xなど次世代機にも対応!「バージョン3.11」リリース 画像
ゲーム開発

リアルタイムGIミドルウェア「Enlighten」がXbox Series Xなど次世代機にも対応!「バージョン3.11」リリース

シリコンスタジオは、Xbox Series Xなど次世代ゲームプラットフォームにも対応する、『Enlighten(エンライトゥン)』の「バージョン3.11」をリリースしたと発表しました。

デフォルメとリアルの両立を目指した『新サクラ大戦』キャラデザインだからこそ、瞳のアップが活きる【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

デフォルメとリアルの両立を目指した『新サクラ大戦』キャラデザインだからこそ、瞳のアップが活きる【CEDEC 2020】

9月2日から4日までオンライン上で開催された「CEDEC 2020」では、アニメ・漫画的なデフォルメ感とリアリティのある質感・存在感を両立させることを目指した『新サクラ大戦』の制作手法と今後の課題が公開されました。

高品質なカットインアニメを量産するパーツアニメ手法とは?『プリンセスコネクト!Re:Dive』がアニメRPGなのは伊達じゃない【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

高品質なカットインアニメを量産するパーツアニメ手法とは?『プリンセスコネクト!Re:Dive』がアニメRPGなのは伊達じゃない【CEDEC 2020】

スマートフォン向けアニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』のカットイン演出において、「手描きアニメーション」と、「パーツアニメーション」を融合し、ゲーム演出として最適化された高品質なアニメーションの制作手法を紹介します。

旧『FF15』スタッフによる、LUMINOUS ENGINEを使ってオープンワールドを生み出すワールドエディタの技術【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

旧『FF15』スタッフによる、LUMINOUS ENGINEを使ってオープンワールドを生み出すワールドエディタの技術【CEDEC 2020】

『ファイナルファンタジーXV』のオープンワールド技術を引き継いで、最新作の開発に取り組むLuminous Productions。オープンワールドは想像を絶する工数であり、現在はどのように対処しているかが語られました。

現実世界のレベルデザインする―ゲームが建築と “共創”することで、どんな「新しいアソビ体験」を生み出せるのか?【CEDEC 2020】 画像
ゲーム開発

現実世界のレベルデザインする―ゲームが建築と “共創”することで、どんな「新しいアソビ体験」を生み出せるのか?【CEDEC 2020】

ビデオゲームが現実を舞台としたゲームを作るために知見が必要になる一方、現実の建築・都市領域もデジタル化が進む中で専門の知見が必要となる時代、 “共創”というかたちで新しいクリエイティブを見せています。

ゲーム業界の新たなマネタイズ「インタラクティブ・ストリーミング」プレイヤーと視聴者以外の層も巻き込める新たなエンターテインメント 画像
ゲーム開発

ゲーム業界の新たなマネタイズ「インタラクティブ・ストリーミング」プレイヤーと視聴者以外の層も巻き込める新たなエンターテインメントPR

Genvidを活用することで「インタラクティブ・ストリーミング」にどんな未来が広がっていくのか、ユーザーの事例から紹介をします。

待望の「OPTPiX ImageStudio 8 Mac版」が7月30日より販売開始!画像最適化ツールが遂にMacでも 画像
ゲーム開発

待望の「OPTPiX ImageStudio 8 Mac版」が7月30日より販売開始!画像最適化ツールが遂にMacでも

1999年の発売から20年強……。遂に「OPTPiX ImageStudio」シリーズがMacに対応し、7月30日より販売を開始しました。

「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介 画像
ゲーム開発

「CEDEC2020」にて、リアルタイム3DCG駐車場シミュレーターでのUE活用事例をシリコンスタジオ/アイシン精機が紹介

シリコンスタジオは、「CEDEC2020」の公募セッションにて、アイシン精機と共同で、「Unreal Engineを用いた、駐車スペース検知のための学習データ生成 ~次世代自動駐車システム実現に向けて~」と題したセッションを行うと発表しました。

  • 117件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ