2Kのゲームタイトルがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」から削除―NVIDIAは「再び遊べるようにしたい」とコメント | GameBusiness.jp

2Kのゲームタイトルがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」から削除―NVIDIAは「再び遊べるようにしたい」とコメント

2月にはActivision Blizzardとベセスダ・ソフトワークスのタイトルが大量削除されています。

企業動向 発表
2Kのゲームタイトルがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」から削除―NVIDIAは「再び遊べるようにしたい」とコメント
  • 2Kのゲームタイトルがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」から削除―NVIDIAは「再び遊べるようにしたい」とコメント
  • 2Kのゲームタイトルがクラウドゲームサービス「GeForce NOW」から削除―NVIDIAは「再び遊べるようにしたい」とコメント

NVIDIAは、ストリーミングゲームサービス「GeForce NOW」から2Kのゲームタイトルが削除されることを発表しました。

「GeForce NOW」は、月額を支払うことでいくつかの無料タイトルのゲームやユーザー所有のゲームを、クラウド経由で他のPCやスマホで遊べるようになるというサービス。6月には国内向け正式サービスの開始が決定しています。

今回の発表はNVIDIAスタッフがフォーラムに投稿したことで明らかになったもの。「パブリッシャーからのリクエスト」が理由とされていますが、詳細は明らかになっていません。また、同投稿内で「2Kと協力してゲームを再び遊べるようにする」と宣言しています。2Kのサービス対応タイトルには『バイオショック』『シヴィライゼーション』シリーズなどのタイトルが存在していました。


先月にはActivision Blizzardとベセスダ・ソフトワークスの多くのゲームが削除されたほか、サバイバルゲーム『The Long Dark』が制作者の許諾を得ずに使用していたことが発覚するなど、ライブラリからのゲーム削除が続いています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら