PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道 | GameBusiness.jp

PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

韓国のゲームのレーティングを評価する委員会であるGRACに掲示された情報により、PS4版『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の存在が明らかになりました。

市場 その他

韓国のゲームのレーティングを評価する委員会であるGRACに掲示された情報により、PS4版PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の存在が明らかになりました。

海外メディアvg247によれば審査の内容を記したページTwitter利用者が発見することで、発覚に至ったということです。これまで開発元であるPUBG Corp.は公式にPS4への移植を発表したことはなく、Xbox One版がバージョン1.0に達した今、PS4版は十分に考えられると伝えています。

また、同じ審査機関により、PS4版『Castlevania Requiem:Symphony Of The Night&Rondo Of Blood』と題した『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』『悪魔城ドラキュラ 血の輪廻』のカップリング作と思しき作品の存在も明らかになっています
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら