アカツキ、インド特化のファンド「DIインドデジタル投資組合」に出資…インド市場進出の足がかりに | GameBusiness.jp

アカツキ、インド特化のファンド「DIインドデジタル投資組合」に出資…インド市場進出の足がかりに

市場 海外市場


アカツキは4月20日、「DIインドデジタル投資組合」に5億円を出資し、契約締結したことを発表しました。同ファンドは2015年よりインドにおいて、スタートアップ期にあるテクノロジーベンチャー企業を中心に投資しており、東京に本社を置くドリームインキュベータにより運営されています。出資比率はドリームインキュベータが66.7%、アカツキが33.3%となっており、日本法人はドリームインキュベータの子会社となります。

アカツキは、ここ数年のインドの実質GDP成長率が平均7%あることや、人口が13億人を突破し経済が成長し続けていることに着目。スタートアップ市場においてハイリターンが期待できるとしています。またインド国内では手頃な金額のスマートフォンや、低価格料金プランが広まり急速にモバイル市場が拡大。アカツキは今回の提携を機に、インド市場やサービスへの理解を深め、起業家・投資家とのコネクションを築いて、インド市場に進出していくとしています。

◆ファンド概要


名称


DIインドデジタル投資組合(通称DIインドデジタルファンド)

組成日


2018年4月20日

ファンド規模


一次募集完了時15億円 その後1年間の二次募集期間を設け調達継続(最大50億円まで)

運用期間


10年間

投資対象


インドのテクノロジー領域のスタートアップ
(モバイルエンターテインメント、フィンテック、ヘルステック、シェア経済、デジタルメディア等)シードからシリーズBが主たる対象
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら