人の経験や感覚に基づく業務もAIで…早大とDMM.comラボが共同研究室「早稲田・DMM AIラボ」設立 | GameBusiness.jp

人の経験や感覚に基づく業務もAIで…早大とDMM.comラボが共同研究室「早稲田・DMM AIラボ」設立

早稲田大学は、同大学の理工学術院とDMM.comラボによる共同研究室 「早稲田・DMM AIラボ」を設立し、最先端AI基盤の開発と実践的応用に関する共同研究を開始したと発表しました。

ゲーム開発 人工知能(AI)


早稲田大学は、同大学の理工学術院とDMM.comラボによる共同研究室
早稲田・DMM AIラボ」を設立し、最先端AI基盤の開発と実践的応用に関する共同研究を開始したと発表しました。

これまで早稲田大学理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所(以下、「同研究所」)では、AI基盤技術の研究開発に取り組んでいました。

一方DMM.comラボでは、大規模なWeb開発の経験をビジネスに活用し、多様なサービスの開発のほか、近年ではビッグデータの解析やIoTなどの分野でも技術研究に関わってきました。

今回の共同研究では、同研究所のAI基盤に、人の経験や知覚に準拠する業務を学習させ、DMM.comにより解析されたビッグデータを扱うためのノウハウを蓄積。レコメンド、不正取引検知、画像認識などの分野で実社会に応用できるように開発を進める予定です。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら